美白×
そばかす・肝斑なら
HAKU
メラノフォーカス3D
・4MSK
・m-トラネキサム酸
詳しくはこちら
美白×
シミ・シワ・たるみなら
リソウ
リペアジェル
・ビタミンC生命体
・アミノ酸生命体
詳しくはこちら
美白×
ニキビ・ニキビ跡なら
ソフィーナ
ホワイトプロフェッショナル
・カモミラET
・ローマカミツレエキス
詳しくはこちら
HOME » 化粧品に使われる美白成分と効果 » ハイドロキノン

ハイドロキノン

最強の美白力を誇る成分

世の中に出回っている美白成分はたくさんありますが、その中でも特に強い効果を発揮するのが、ハイドロキノンです。

この成分は、欧米で古くからシミ治療に使われています。日本でも、ドクターが治療薬として処方していましたが、医療機関以外での使用は禁止されていました。それは、使用量の調節など、取り扱いには専門的な知識が必要なため。強力な美白効果が期待できる反面で、肌への刺激も強い成分なのです。

ハイドロキノンが日本で有名になったのは、2001年以降だと言われています。医療機関以外で取り扱うことに、許可がおりたのです。

これにより、化粧品への配合も可能になり、従来の成分よりも強力な「最強の美白成分」として、国内でも認知されるようになりました。

厚生労働省の認定美白成分には入っていませんが、その効果を実感している人も多いはず。現在では、この成分が含まれた美容液なども、いろいろなメーカーから販売されていますよね。

ハイドロキノンのはたらき

皮膚の下には、チロシンという無色のアミノ酸が含まれています。これを黒く変色させて、メラニンに変えてしまうのが、チロシナーゼという酵素です。ハイドロキノンには、このチロシナーゼのはたらきを抑制する効果があります。

このような効果を発揮する成分は、ほかにもいくつか存在しますよね。しかし、この成分は特に強力で、同様の作用を持つアルブチンの、約100倍もの美白効果があるのだとか。

また、「既にできてしまったシミ」に対しても有効。過剰に生成されてしまったメラニン色素を還元するはたらきがあります。予防型の美白ではなく、シミの治療薬としての有効性が高いところも、ハイドロキノンの特徴です。

しかし、肌に合わなかったり、配合率が高いものを使った場合は、副作用が出る可能性もあります。皮膚が赤くなる、ヒリヒリする、乾燥する、白斑ができるなどの症状が報告されています。ハイドロキノンを個人で使用する場合は、自分の肌との相性や配合率に気を付ける必要がありそうですね。

ちなみに、店頭に並ぶような一般的な化粧品への配合率は、国内では2%まで。また、4%以上は医薬品としての扱いになっています。厚生労働省は、2%以下を安全値として推奨しています。

白斑は、あくまでも配合率が高すぎる場合の症状。基本的には、市販の化粧品くらいでは、心配ないそうです。濃度に気をつけて、正しい使用方法で使えば、炎症なども起きにくいと思います。
「できてしまったシミ」を消したい人にとって、ハイドロキノンが心強い美白成分であることに、かわりはないでしょう。

ハイドロキノンを配合したおすすめ美容液

ハイグラシーαCCR

新安定性ハイドロキノン誘導体を配合した美容液。メラニンを生成する酵素チロシナーゼの抑制効果があります。

できてしまったメラニンにも効果があると認められています。

商品名 ハイグラシーαCCR
価格 9,240円
内容量 20ml
その他の美容成分 脂溶性ビタミンC誘導体、カンゾウフラボノイド、ダイズエキス、チンビエキス

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

独自の新安定型ハイドロキノンをシリーズでは最も高い濃度で配合した夜用のスポット美容液。

ハイドロキノンがマイクロカプセル化されて一晩中シミにアプローチ、さらに特殊ゲルがメラニンに働きかけます。

商品名 ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
価格 10,800円(税込)
内容量 11g
その他の美容成分 αリポ酸、ビサボロール、カンゾウフラボノイド、シコンエキス

ブライトニング スポット ジェル

ハイドロキノンとAHAのダブル効果で、透明感と美白を実現します。

クリアなジェルタイプで使いやすく、アレルギーテスト済み、ノンコメドジェニックテスト済み、ノーアニマルテストの安心の商品です。

商品名 ブライトニング スポット ジェル
価格 7,020円
内容量 30ml
その他の美容成分 AHA