美白×
そばかす・肝斑なら
HAKU
メラノフォーカス3D
・4MSK
・m-トラネキサム酸
詳しくはこちら
美白×
シミ・シワ・たるみなら
リソウ
リペアジェル
・ビタミンC生命体
・アミノ酸生命体
詳しくはこちら
美白×
ニキビ・ニキビ跡なら
ソフィーナ
ホワイトプロフェッショナル
・カモミラET
・ローマカミツレエキス
詳しくはこちら

ルシノール

モミの木から発見された美白成分

ルシノールは、大手化粧品メーカー・ポーラが開発した美白成分です。厚生労働省が認定した9つの美白成分の1つとして認められているので、安全性や有効性は、信頼できるものでしょう。

この成分は、シベリアのモミの木に含まれているものだそうです。それを、10年の月日をかけて研究・改良した結果、美容液などに使われているルシノールが誕生。特許の関係上、現在はポーラの化粧品に含まれています。他の会社で使用されている場合は、学名である「4-n-ブチルレゾルシノール」という成分名で表示されているかもしれません。

通常のシミ以外に、肝斑にも効果を発揮すると言われています。

ルシノールのはたらき

シミのもとであるメラニンは、皮膚の下にある「チロシン」と「チロシナーゼ」という成分が結合することによって、生成されます。ルシノールは、チロシナーゼに対して効果を発揮し、メラニンの産生を抑制する効果があります。

そのメカニズムは、鍵穴と鍵の関係のようになっているとのことです。
たとえば、チロシナーゼは、鍵穴のような凹みを帯びた形だったとします。通常は、そこにチロシンが結合して、メラニンへと変化。しかし、ルシノールの場合、チロシナーゼの鍵穴にぴったりと収まる形の、鍵のような突起が付いています。ルシノールがチロシナーゼと合体することで、チロシンは結合できなくなるので、メラニンが作られないという仕組みです。

鍵穴と鍵がぴったりと合っているため、一度合体したら、分離して美白効果を失うことはないのだそう。そのため、シミの原因を作らせないこのシステムは「最強のメラニンロック機能」とも呼ばれています。

ルシノールの大きな特徴は、浸透力が高いところです。この成分は、性質としては、ハイドロキノンと似ているとのこと。しかし、少量でも肌にしっかり浸透する効果を持っているので、副作用の危険性が少ないと言われています。アレルギーや肌質の問題で、ハイドロキノンが使えなかった人には、嬉しい成分ですね。

ルシノールを配合したおすすめ美容液

ホワイトショットCX

オリジナルのルシノールEX(美白+美容成分)を配合して、メラニン生成を抑え美白と美肌へ導く美容液です。

セルフクリア機能に着目しそのメカニズムを解明して、自ら肌を白く美しく修復する力を引き出すことに成功しました。

商品名 ホワイトショットCX
価格 16,200円
内容量 25ml
その他の美容成分 ビタミンC誘導体、ショウキョウエキス、マジョラムエキス、クジンエキスクリア、YACエキス(ヨモギ抽出成分)、EGクリアエキス(レンゲソウ抽出成分)

スーパーホワイト377VC

これまでのルシノール配合美容液をさらにパワーアップしただけでなく、肌への刺激を抑えた優しい処方にリニューアルした商品。

保湿成分も豊富に配合して、使い続けることで効果を実感できる美白美容液。

商品名 スーパーホワイト377VC
価格 5,616円
内容量 18g
その他の美容成分 アボカド油、ローズヒップ油、キョウニン油、大豆発酵エキス、コショウソウ芽エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、オリゴペプチド-34、オウゴン根エキス、ツボクサエキス、オニイチゴ根エキス、ゴレンシ葉エキス、トコフェリルリン酸Na、フラーレン、ピクノジェノール(R)、レスベラトロール、シベリアカラマツ木エキス、水溶性プロテオグリカン、酢酸ヘキサノイルジペプチド-3ノルロイシン、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解エラスチン

ルビパール ホワイトニングエッセンスN

メラニンができる前にアプローチして抑制する美白美容液です。無着色無香料、防腐剤フリーでさらりとした使い心地です。

保湿成分も配合されて乾燥対策も万全。医家向け化粧品なので特定の薬局のみで販売されています。

商品名 ルビパール ホワイトニングエッセンスN
価格 7,200円
内容量 12ml
その他の美容成分 クジンエキスクリア(クララエキス-1)