美白×
そばかす・肝斑なら
HAKU
メラノフォーカス3D
・4MSK
・m-トラネキサム酸
詳しくはこちら
美白×
シミ・シワ・たるみなら
リソウ
リペアジェル
・ビタミンC生命体
・アミノ酸生命体
詳しくはこちら
美白×
ニキビ・ニキビ跡なら
ソフィーナ
ホワイトプロフェッショナル
・カモミラET
・ローマカミツレエキス
詳しくはこちら
HOME » 化粧品に使われる美白成分と効果 » トラネキサム酸

トラネキサム酸

医療業界でも使用されている美白成分

トラネキサム酸は、医療業界で止血剤として活用されている成分です。薬用のアミノ酸と言われており、抗アレルギー効果もあります。皮膚疾患などの治療にも、使われてきました。

美容業界では、シミへの有効性が期待できる美白成分として注目。皮膚科ではシミ治療の内服薬として処方していますし、この成分を配合した美白美容液なども市販されています。

トラネキサム酸の大きな特徴は、厚生労働省が認定している美白成分であること。現在は、ビタミンC誘導体など、この成分を含む9つが承認されています。

もちろん、美白効果が保証されているわけではありませんが、効果や安全性が公式に認められているので、その信頼性は高いはずです。

トラネキサム酸のはたらき

トラネキサム酸には、色素細胞・メラノサイトが作り出す、メラニンの生成を抑制する効果があります。シミの原因を解消するので、将来的な肌トラブルの対策にぴったり。予防型の美白成分だと言えます。

実は、トラネキサム酸がシミを薄くするメカニズムは、完全には解明されていないとのこと。しかし、肝斑への効果が高いことは確かなようです。
この成分には、アレルギー反応を強くする「プラスミン」という酵素の働きを抑える効果があります。これを「抗プラスミン作用」と言うそうですが、この作用が肝斑のもとであるメラニンの産生を抑制することで、美白効果を発揮すると考えられています。

肝斑は、一般的なシミとは異なり、レーザー治療をおこなうと悪化する可能性がある、特殊なタイプの肌トラブル。治療方法が限られた症状なので、トラネキサム酸を含んだ美容液などは、貴重な肝斑対策アイテムだと言えますね。

気になる副作用ですが、ほとんど報告されていないようです。まれに、発疹や赤みなどを発症する人もいますが、重篤なものではないとのこと。服用の場合も、分量などを守って正しく飲んでいれば、大きな問題はなさそうです。
安全性の高さと効果の有効性から考えると、バランスが良い美白成分なのです。

トラネキサム酸を配合したおすすめ美容液

メラノフォーカス3D

美白にターゲットを絞ったHAKUシリーズの最新作。

ダブル配合した美白成分が立体的にシミにアプローチ。全方向からメラニンとメラノサイトに働きかけて肌の奥から美しさを取り戻します。

商品名 HAKU メラノフォーカス3D
価格 7,500円/10,000円
内容量 30g/45g
その他の美容成分 4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)、ホワイトリリー、塩酸グルコサミン、グリセリン

トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX

トラネキサム酸とオリジナルの複合成分によってシミをできはじめから撃退する即効ブライトニング処方の美容液。

低刺激で無香料無着色、アレルギーテスト済みで安心です。

商品名 トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEX
価格 4,500円/6,300円
内容量 30g/50g
その他の美容成分 クワエキス、パンテテインスルホン酸Ca、アキレアS(セイヨウノコギリソウエキス、スクワラン、BG、トリオクタン酸グリセリル、ジメチコン、ステアリン酸

fサインディフェンス ホワイトニングセラム

無香料無着色、弱酸性、アルコール・鉱物油・パラベンフリー、パッチテスト済み、アレルギーテスト済みの低刺激無添加にこだわった美容液です。

朝夕の2回使用で、優しく肌のトラブルを防ぎ、紫外線のダメージを和らげます。

商品名 fサインディフェンス ホワイトニングセラム
価格 6,480円
内容量 40ml
その他の美容成分 ユキノシタエキス、オウバクエキス、イチョウエキス