美白×
そばかす・肝斑なら
HAKU
メラノフォーカス3D
・4MSK
・m-トラネキサム酸
詳しくはこちら
美白×
シミ・シワ・たるみなら
リソウ
リペアジェル
・ビタミンC生命体
・アミノ酸生命体
詳しくはこちら
美白×
ニキビ・ニキビ跡なら
ソフィーナ
ホワイトプロフェッショナル
・カモミラET
・ローマカミツレエキス
詳しくはこちら
HOME » 美白美容液の選び方3か条 » 1、美白成分をチェック

1、美白成分をチェック

美白美容液を選ぶポイントは、どのような成分が含まれているのかを確認すること。なぜなら、どんな成分が配合されているかによって美白効果が大きく異なるためです。

たくさんある美容成分の中から、特に美白効果がある成分をピックアップしたので、ぜひ参考にどうぞ。

こんな美白成分が含まれている美容液がおすすめ

ビタミンC

美白成分の中でも、即効性が高いと言われています。メラニンの生成を抑えることにより、シミをできにくくする効果があり、メラニン色素を薄くすることも可能。そのため、日焼けや肌のくすみにも有効です。

美白効果のほかにも、紫外線から肌を守る抗酸化作用や、肌の再生を助ける働きもあるので、アンチエイジングやニキビケアにも最適です。

ビタミンC誘導体(厚生労働省認定)

熱に壊れやすく、肌に浸透しにくいビタミンCの性質を安定させ、肌への吸収率を格段に良くした成分です。浸透力が高く、肌の中でメラニンの生成を抑えてシミを防ぐほか、くすみなどにも効果を発揮し、肌を全体的に明るくします。

また、抗酸化作用によるアンチエイジング効果や、コラーゲンの生成をサポートする働きも。

ビタミンC誘導体を摂取することで、常に新鮮な肌細胞を保てるため、美容・美白ともに高い効果が期待できます。 ビタミンC誘導体には、さまざまな種類があり、L-アスコルビン酸 2-グルコシドや、テトラヘキシンルデカン酸アスコルビンなどもビタミンC誘導体の1種です。

ビタミンC誘導体は、大きく分けると「水溶性」「脂溶性」「新型」の3つに分類されます。

  • 水溶性ビタミンC誘導体
    リン酸アスコルビルナトリウム、リン酸アスコルビルマグネシウム 水溶性ビタミンC誘導体は、基本的に肌に浸透しやすく即効性があります。すぐに肌から吸収されるので、ビタミンCの持つ効果が素早く浸透して効果を発揮します。本来は不安定な物質ですが、リン酸と結合させて吸収率と持続性を高めたものです。
  • 脂溶性ビタミンC誘導体
    テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)、パルミチン酸アスコルビル 水溶性ビタミンCにオイル成分を結合させてエマルジョンの状態にしたものです。油に溶けやすいのでクリームやジェルに配合されることが多いタイプです。即効性では水溶性に劣りますが、肌の奥深くまで吸収され持続性もより高いという特徴があります。
  • 新型ビタミンC誘導体
    アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS) 親水性と親油性がもつ「即効性」と「浸透力」の二つのメリットを併せ持つビタミンC誘導体です。さらに安定して肌の奥深くまで持続的にかつ大量に届きます。そのため肌の真皮が原因で起こるしみやしわ、ハリのケアもできるという特徴をもっています。そのため、美白だけでなくアンチエイジングにも期待される成分です。

ビタミンC生命体

近年、美白を研究するリソウコーポレーションが生命体技術を活用してビタミンC生命体という成分を開発商品化しています。

純粋なビタミンCであるL-アスコルビン酸は大変不安定な物質のため、化学的な加工を施して安定化させているものがほとんどです。

しかしビタミンC生命体は、こういった加工を行わず独自の技術によってL-アスコルビン酸の形で長期安定化に成功。既に日本食品分析センターの安定性試験もクリアし、確かな機能性も解明されています。

植物性女性ホルモン様成分

イソフラボンなどがこれに当てはまります。シミによる肌への色素沈着を防ぐ効果があり、メラニンの生成を抑えることも可能。植物由来の成分なので、副作用がありません。

美白効果以外にも、肌の中でコラーゲンやヒアルロン酸などを合成する働きがあります。

ハイドロキノン

アメリカでは多用されている成分で、近年は日本でもシミ治療や化粧品に使用されています。

即効性が高い点が特徴で、メラニン色素の合成に必要な「チロシナーゼ」の働きを抑え、メラニン色素を薄くさせる還元作用があります。すでに肌の表面に出てきてしまったシミに対して特に効果があると認められた成分です。

絶大な効果の反面、刺激も強いので、大量に使用すると肌が赤くなったり、アレルギー反応が出る可能性もあります。含有量や使用量に注意しましょう。

アルファ アルブチン(厚生労働省認定)

刺激が少ないため、肌が弱い人でも安心して使える美白成分です。吸収率が高い点が特徴で、肌の中でメラニンがつくられるのを防ぎます。コケモモという高原植物に含まれています。

プラセンタ(厚生労働省認定)

お母さんと赤ちゃんを繋ぐ、胎盤のエキス。

ミネラルやアミノ酸などが豊富に含まれており、肌のターンオーバーを活性化させます。そのため代謝が高まり、メラニンの排出を促進する美白効果もあります。

おもな原料は、豚の胎盤から抽出されたものです。

カモミラET(厚生労働省認定)

シミを作るように肌へと命令する、情報伝達物質の働きや増殖を抑制する作用がある成分。

紫外線のダメージをリセットでき、特に丸型のくっきりとしたシミに対して美白効果を発揮します。

ルシノール(厚生労働省認定)

構造上はハイドロキノンと似ていますが、肌細胞への影響が少なく、浸透性・安全性ともに高い成分です。

皮膚科のシミ治療で使用されることもあり、薄めのシミ・肝斑に対して特に効果を発揮します。

プラセンタエキス(厚生労働省認定)

プラセンタエキスは動物の胎盤から抽出した成分で、アミノ酸やミネラルを豊富に含んでいます。ヒトや馬、ブタなどに由来するものをサプリメントや塗布用、注射などで使用するのが一般的です。

一口にプラセンタと言っても、エキス・エキス末・原末・純末など表示がさまざまですが、化粧品として使用されているものには液体であるエキスがほとんどです。

プラセンタエキスに含まれているアミノ酸やミネラル、拡散関連物質などが作用して細胞を活性化する働きがあります。また幹細胞を再生させる作用や活性酸素を取り除く作用などのさまざまな効果によって、肌のターンオーバーが活発になり古い角質と共にメラニンを積極的に排出します。

コウジ酸

酒造りの職人の手がとてもキレイなことから、酒造りに欠かせない麹の研究が始まったといわれています。

この麹菌が作りだすコウジ酸には、メラニンを黒くするために働きかけるチロシナーゼという物質を抑制する働きがあります。そのため黒いシミが薄くなり、肌のくすみが取れて明るくなることがわかっています。

トラネキサム酸(厚生労働省認定)

アミノ酸のひとつであり、炎症やアレルギーを抑える効果や止血効果があります。そのため皮膚疾患の治療などに使われています。

トラネキサム酸は、メラニンの製造工場であるメラノサイトという細胞に送られるメラニン生成物質プロスタグランジンを阻害する働きがあります。

プロスタグランジンをブロックすることで、メラニンは生成されなくなり結果的にシミやそばかすができるのを抑えることができます。さらに、メラノサイトが活発に働くのを阻害する効果もあるので、シミやそばかすの予防効果も期待できます。また肝斑を改善する効果があることもわかっています。

「美白」と言っても、成分によって効果が出るメカニズムが異なります。それぞれの性質を理解して、自分の肌質に合った美白美容液を選ぶことが大切です。