美白×
そばかす・肝斑なら
HAKU
メラノフォーカス3D
・4MSK
・m-トラネキサム酸
詳しくはこちら
美白×
シミ・シワ・たるみなら
リソウ
リペアジェル
・ビタミンC生命体
・アミノ酸生命体
詳しくはこちら
美白×
ニキビ・ニキビ跡なら
ソフィーナ
ホワイトプロフェッショナル
・カモミラET
・ローマカミツレエキス
詳しくはこちら

シミ

30代からのシミの種類

30代から40代以降の人によく見られるシミにはどんな種類があるのか、わかりやすく解説しましょう。

肝斑

頬骨の周辺や額、口の周辺などの広範囲に左右対称にもやもやとできたシミは肝斑の可能性があります。

30代~40代くらいにできることが多く、逆に60代になると新たにできたり酷くなることはありません。

ただ、紫外線などのシミ対策をしても治りにくく広がることもある厄介なシミです。妊娠や経口避妊薬をきっかけとしてできることがあることから、女性ホルモンに関係しているともいわれます。

肝斑には、メラニンの生成を指示する伝達物質を阻害するといわれるトラネキサム酸やカモミラETなどを含む美容液が効果的です。

炎症性色素沈着

ニキビや怪我などが元で炎症を起こし、その部分に色素が沈着したものです。

怪我や火傷で一時的に起こる色素沈着や、アトピーやニキビのように慢性的に起こる肌トラブルによる炎症部分に見られる色素沈着があります。

また、敏感肌の人も毎日の誤ったスキンケアが刺激となって炎症を起こし、シミになるケースもあります。

効果的な美白成分としては、ハイドロキノンやビタミンC誘導体があります。

老人性色素斑

長年紫外線を浴び続けてきたことが原因でできるシミです。薄い茶色をしていてはっきりと輪郭が分かるような丸っぽい形をしていることが多いと言われています。

40代くらいの発症が最も多いとされ、特に顔や腕、手の甲など紫外線にさらされやすい場所にできる頻度が高いことがわかっています。

作られたメラニンがうまく排出されず沈着することによって起こります。

効果的とされている美白成分には、ハイドロキノンやビタミンC誘導体・アルブチン・アスタキサンチンなどがあります。

そばかす

正しくは雀卵斑といい、比較的若いころからできるといわれています。頬骨の周囲に5mmに満たないくらいのサイズの小さなシミがばらばらとできます。

紫外線が原因であることが多いようですが、中でも白人など肌の白い人ができやすいと言われます。

効果的な成分としては、ビタミンC誘導体やハイドロキノン・コウジ酸・フラーレンなどがあります。

ADM

ADMは後天性真皮メラノサイトーシスというもので、あざの一種と言われています。シミだと思っていたら実はADMだったという人も意外に多いそうです。

一般的には20~30代くらいからできるといわれ、頬の上に見られる青っぽい茶褐色のシミです。

通常のシミは表皮の最も下の層にあるメラノサイトが原因ですが、ADMではさらに深い真皮層にあるメラノサイトが原因とされています。そのため、ターンオーバーによる排出の周期が非常に遅く蓄積されてしまいます。

ADMは治療が難しいシミで、一般的な美白美容液では効果がないと言われています。

最も有効なのはレーザー治療ですので、気になる場合には早めに皮膚科などを受診することをお勧めします。

オールマイティな美白成分『ビタミンC誘導体』

シミ対策について調べてみると、ほとんどのシミにビタミンC誘導体が効果ありと言われています。それはビタミンCがもつシミ対策効果が非常に高いことが理由です。

具体的には、

  • メラニン色素の生成を抑制する
  • 沈着するメラニン色素を還元する

という2つの大きな働きを持っています。

つまりシミの原因となるメラニンが過剰に作られるのを抑えてシミができるのを予防する効果と、できてしまったメラニン色素を薄くする(還元する)作用があるのです。ですから、シミができる前からできた後までケアできる優秀成分だといえます。

このような高いシミ対策効果があることから、もともと肌に浸透しにくかったビタミンCを浸透しやすくしたビタミンC誘導体が作られたのです。